自分にあったリップのカラーについて(と済むつつ、実は流行のカラーをチェックして仕舞う)

リップメイクってかなり波がありますよね。でも、何しろ流行っているからといって自分に合うというわけではないな、というのはルールで十分身にしみました。例えばいつかベージュリップが流行ったことがありました。俺は評判WEBで、とある品名のベージュリップが賞美されているのを見て、きちんといいの?と思って必ずしも気になり、購入してつけてみたのですが…どう見ても患者のみたいでした(笑)。彼からも「顔色悪い個人に言える。変だよ」とボロクソに言われ、実質そのリップはアッという間にオンライン競り市で売ってしまいました。なので、昨今赤リップが流行っているなどと読物で見ても、実に試す考えにはなれないでいる。そもそも赤リップは、色白の個人が塗るからさっさと映えて可愛いのであって、色合い黒の俺には似合わない…と思っています。という結果これ2ご時世ほどは、黄色下地の私の人肌にあったピンク色ベージュのリップを引き続き押し付け続けている。フロプリーは楽天でも最安値で販売が開始されました。

自分にあったリップのカラーについて(と済むつつ、実は流行のカラーをチェックして仕舞う)